チル菜び

いつか行きたい日本の名所、今日の一曲、ミスチルネタ、中森明菜ネタ、
行った気になる世界遺産、車中泊旅行ネタなどを自分勝手に書き綴ってます。

チル菜び イメージ画像

石川県へ

窓岩 岩の真ん中に窓のような丸い穴が開いている岩のようですが、 ここからだとよくわかりませんね~ なので、ちょっと離れた場所から見てみました 夫婦がっと(蛙)岩 “がっと”とは蛙のことのようです それらしい岩を探してみました。 こ
『『窓岩』と『夫婦がっと(蛙)岩』』の画像

帆立岩と垂水の滝を見てきました。 垂水の滝 こちらは冬場に行くと『波の花』を見ることができる場所です。 いつか見てみたいなぁ~~
『帆立岩と垂水の滝』の画像

ゴジラ岩 わかります? 向こうの方に小ーーーーーーーーさく見えるのがそうです。 アップにすると・・・ 確かにゴジラです(^^) 駐車スペースは少ないですが、ありました。 波で浸食されてもっとミニにならないことを願います('◇')ゞ
『ミニミニゴジラヽ(*`□´*)/ガヽ(*`○´*)/オー!!』の画像

椿の断崖展望台に着いたとき丁度虹が出ていました。 石川県にはポケットパークのようなトイレがある駐車場が各所にあり、 ドライブにはピッタリの場所ですね~ そしてこちらでは魔崖仏なるものが見えるとゆーことで探してみました。 これ
『魔崖仏!?』の画像

つづき・・・ 雲の感じがとても綺麗でしたよ~ 古民家アート?? 開いてるのか閉まってるのかよくわからんかった。。。
『禄剛埼灯台へ( `ー´)ノノ』の画像

禄剛埼灯台へ 禄剛埼灯台 上り口  400m 徒歩8分 灯台 あと365m 看板 この坂道、けっこう急坂で足がパンパンになりました 禄剛埼灯台点灯百周年記念碑 日本列島 ここが中心 石碑 よくありがちな標識(笑) もひ
『禄剛埼灯台へ( `ー´)ノ』の画像

泊まるには敷居の高いランプの宿を一目見てみたく行って参りました。 ほんと海が目前 台風の時とか大丈夫なのかなぁ~って、ふと思ったりしました 空中展望台「スカイバード」 入場料が500円かかります。 この先、青の洞窟なるものもありますが1200円か
『ランプの宿を一目見ようと。。。』の画像

珠洲鉢ケ崎温泉元気の湯でひとっ風呂~ まだ早い時間ではありましたが、この先、大型駐車スペースのある所がなさそうなのでこちらでひとっ風呂させて頂きました 700円でタオル、バスタオル付です 駐車場も広々 中にはタニタ食堂のメニューが食べられる場所や、
『珠洲鉢ケ崎温泉「元気の湯」でひとっ風呂~』の画像

石川の軍艦島、見附島へ 想像していたより立派で大きな島でした 新第三紀珪藻泥岩からなる白亜の島で、 周囲400m、面積1,147m2、標高は28メートルだそうです。 見附島という島名は、空海(弘法大師)が佐渡島から当地方に渡った際、最初に見付けた島であることに由
『石川の軍艦島、見附島へ』の画像

つづき… 観音堂 真和橋 進入禁止だと 仕方なく来た道を引き返しました。 平和の鐘 釣鐘堂 駐車場は新しくなってたようです。 観音様 太子堂 親鸞聖人像 仏心堂 仏心堂前にも大きな駐車場がありました。
『能登長寿大仏さん。。』の画像

能登長寿大仏へ行って参りました。 園内には、北陸最大級の大きさを誇る青銅製の大仏(阿弥陀如来座像)をはじめ、三重の塔、観音堂などの多くの建物や仏像が佇み、四季折々に趣を変える風景の中で仏像巡りを楽しむことができる。 また、当地は、かつての朱鷺の生息地
『能登長寿大仏さん。』の画像

途中ボラ待ちやぐらを見かけ、根木ポケットパークに立ち寄りました。 これは能登半島の七尾湾付近で行われたボラ漁に使われる櫓です。 ボラは警戒心が非常に強いため、漁師はこの櫓の上から海底に張ったフクロ網の上を通るのを待ち、網を通るとすぐさま引き上げる。
『「ボラ待ちやぐら」がありました。』の画像

道の駅、目の前にある「石川県能登島ガラス美術館」が気になり、 まだ開館前ではありましたが、一巡りしてみました。 外観がまた素敵ですね~ 北海道釧路市出身の建築家、毛綱毅曠(もづな きこう)氏のデザインで、 美術館の各棟は風水の地相の神様をもとにデザイ
『能登島ガラス美術館の周りを散歩・・・o(゜ー゜o)。。。333』の画像

もう先月のことですが京都方面に出かけました 尼御前SA          金沢カツカレーうどん                                    甘エビ塩ラーメン 甘エビのヒゲが刺さったりす
『🐽尼御前SA🐽』の画像

↑このページのトップヘ