つづき・・・



坂下門を抜け奥宮へ向かいます。
イメージ 1




御宝蔵
朝廷から送られた文書や刀剣などの宝物が収められています。奥社は江戸幕府初代将軍徳川家康の墓所でもあります。家康公は自分の死後について遺言を残しました。「遺体は久能山に納め一周忌が過ぎたならば日光山に小堂を建てて勧請し神として祀ること、そして八州の鎮守となろう。」1616年75歳の生涯を閉じた家康公は朝廷から東照大権現の号を贈られ神として祀られました。
イメージ 2



イメージ 3




狛犬
イメージ 4

左側の狛犬は角がありました。
イメージ 7




イメージ 5



拝殿
奥にある宝塔を拝むために造られました。宝塔は家康公の棺が納められている場所です。
イメージ 6

拝殿内撮影禁止でした。
イメージ 8





鋳抜門(いぬきもん)
鋳抜門は扉を除いて全て一つの鋳型から造られています。
イメージ 9




宝塔
最初は木で造られていました。後に石造りに変えられましたが大地震で破損しました。そこで5代将軍綱吉公が唐金製に造り替え今に至ります。唐金とは青銅のことです。
イメージ 10



宝塔の前にある鶴の蝋燭立は朝鮮国王からの贈り物だそうです。
イメージ 16




叶杉(かのうすぎ)
根元にある祠に向かって願をかけると願いが叶うとされています。
イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13






本地堂
鳴き龍で有名なお堂です。天井に書かれている龍の頭の下で拍子木を打つとキーーーーンと共鳴した音が聞こえます。東照宮の敷地内にありますが輪王寺の管轄です。
鳴き龍は縦6m、横15mの墨絵です。元々は狩野永真安信が描いたものですが、昭和36年の火災で焼失したため堅山南風画伯が復元しました。堂内撮影禁止です。
イメージ 14




イメージ 15




                                  おわり。