日光東照宮へ行ってきたぞぉ~~~い



駐車場に車を止め
イメージ 16 イメージ 17



すぐそばの階段を登っていきます。
イメージ 1



すると東照宮の鳥居がみえました。

石鳥文】
ご鎮座翌年の元和4年(1618)、九州筑前(福岡県)藩主黒田長政公によって奉納されました。石材は、まず九州から船で小山まで運ばれ、その後陸路人力でこの日光まで運ばれました。
イメージ 2
広い参道の正面10段の石段と、その上にそびえる花崗岩の石の鳥居は、高さ9m、柱の直径1.2mある日本一の鳥居です。
「一ノ鳥居」とも呼ばれており、鎌倉八幡宮・ 京都八坂神社の鳥居と並んで日本三大石鳥居とされています。





五重塔【重文】
慶安3年(1648)若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納されました。文化12年火災にあいましたが、その後文政元年(1818)に同藩主酒井忠進公によって再建されました
イメージ 3
「心柱」構造という耐震性にすぐれた機能を持つ高さ35mの建造物で、五重塔の初層の蟇股には十二支の動物が彫刻されています。
近くで見るには別料金がいります。


イメージ 4

なるべく近くから写してはみたけど、よくわからん
望遠レンズでも持ってくればよかったなぁ~

イメージ 5





表門【重文】
東照宮最初の門で、左右に仁王像が安置されているところから仁王門とも呼ばれています。
イメージ 6
イメージ 7

裏側
イメージ 8
狛犬が邪悪者の進入を防いでいます。


イメージ 9
イメージ 10

三間一戸、単層八脚門、切妻、銅瓦葺き、東西に延長120間に及ぶ簓子塀が付いています。
獏や唐獅子、麒麟、虎、豹などの沢山の彫刻で装飾されています。






三神庫(さんじんこ)【重文】
上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫と言い校倉造りの建造物です。
この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められています。
イメージ 11
下神庫と中神庫の間には「西浄(さいじょう)」という神様のトイレがあり、中に入ることはできません。西浄の屋根の軒丸瓦紋だけは「三つ葉葵」ではなく「巴紋(三つ巴)」で、荘厳さが感じられる造りとなっているそうです。


上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされています。
イメージ 12






神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)【重文】
有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻ですね~!!
神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)です。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されています。
イメージ 13

なんと!!これはレプリカでした

イメージ 15


イメージ 14
しかも・・・他は写真でした
これは、ある意味貴重かも



つづく・・・