北風 ~君にとどきますように~

歌手 槇原敬之
作詞 槇原敬之
作曲 槇原敬之

今 君がこの雪に気付いてないなら
誰より早く教えたい 心から思った

小さなストーブじゃ窓も
曇らないような夜
毛布を鼻まであげて君のことを考えるよ
だけど知らないことばかりで
思い出せることは
斜め40度から見たいつもの君の横顔だけ

さっきよりひどく窓がないてる
カーテンそっと開けて僕は言葉なくす

北風がこの街に雪を降らす
歩道の錆びついた自転車が凍えている
今君がこの雪に気付いてないなら
誰より早く教えたい 心から思った